残業代請求

残業代請求

あなたは知らず知らずのうちに、損をしていませんか?もらうべき残業代は取り戻せます。カンタンな手続きで多くの方が残業代を取り戻しています!時効は2年。すぐに相談してみましょう!

残業代請求 計算

みなさんは、労働に見合った正しいお給料をもらっていますか?残業した時にもらえるお給料は、割増した上で支払われるべきお給料ということが法律で決まっています。

しかし、悪質な会社になると、この割り増し代を計算せずに払っていないことがあります。もっと悪質なケースになると、会社側が「1か月に20時間分までしか割り増し代は払わない」と上限を決めているケースや、タイムカードを定時で切らせて会社で仕事をさせるといった、いわゆる「サービス残業」をさせているケースもあります。

割り増し代の率は基本的には、基礎時給(基礎賃金)の25%です。しかし、深夜残業になると、割り増し代の率は50%にもなります。

また、休日労働にも残業代があります。この事を知らないために請求できず、本来支払われるべきものが支払われずに損をしている人がたくさんいるようです。

残業代請求 時効

残業はサービスでやるのが当たり前。管理職だからとか、年棒制だから残業代は出ません、などと言った事は間違いです。

もらっていないお給料は、きっちり請求してもらいましょう。 ただし注意が1つあります。時効があって2年前までのものしか請求できません。

請求しなければ、本来もらえるはずのお金が減り続けます。もし請求の権利があるのかどうか分からなければ、すぐにプロに無料相談をしてみましょう。

ここで紹介しているサービスは相談料無料です。また、依頼した場合の着手金もなく、万が一お金が取り返せなければ、支払う代金はなんと0円です。

取り返せなかったらお代は0円!なんのリスクもありません!!やらない理由があるのでしょうか?これ以上ないサービスですよね。

在職中はもちろん、退職後でも請求ができますので、「もしかして…」と思ったら、まずは無料相談をしてみて下さい。請求に必要なものは相談の時に教えてもらえます。

請求権は2年間分です。日々、消えていくお金を無駄にしないでしっかり請求しましょう!

相談料0円着手金0円取れなかったら費用0円
残業代請求無料相談センター

残業代請求 トップへ戻る